かつての水洗トイレへのトイレリフォーム

高度経済成長期以前の日本においてトイレは便を貯めておくタイプのトイレでした。人糞を堆肥に利用さえしていました。高度経済成長期においても汲取り式のトイレはまだまだ多く、バキュームカーと呼ばれる貯まった糞尿を回収してくれる車が、各家を回ってトイレに貯まった糞尿を回収していました。
上下水道が整備されていくと水洗トイレが普及しはじめます。排便されたものは、水と一緒に下水に流してしまいます。トイレリフォームが進み以前のトイレとは比べ物にならないほど清潔になりました。そしてなんと言っても悪臭から解放されました。また、衛生的になり不衛生が原因の病気を減らすことができました。

■汲取り式から水洗トイレへ

かつての汲取り式トイレのイメージといえば、穴が開いていて落ちそうで怖い、くさい、ハエが飛んでいるといったものが挙げられます。事実、子供のころに穴に落ちたことがある、という人が存在しました。自分や家族の排出した尿や糞が穴を覗けば見えるという今では考えられないほどの不快さですが、その当時は当たり前のようにありました。
高度経済成長に伴い上下水道が整備されだすと、汲取り式だったトイレが水洗トイレへ変わっていきました。それによって定期的に糞尿を汲取るバキュームカーが来なくなり、トイレ使用後には水できれいに流せるようになりました。お尻を拭く紙も、ちり紙から水に溶けるトイレットペーパーへ変わり、今ではちり紙を家庭で見かけることはほとんどなくなりました。

■公共のトイレ

公共施設のトイレが水洗トイレへ変化したことで、トイレそのものへの意識を変えました。トイレはかつて、厠、はばかりなどと呼ばれていましたが、今ではお手洗いや化粧室などと呼ばれるようになりました。これも水洗になったことで格段に衛生的になり、清潔さが増したことによると考えられます。
呼称の変化に伴い、トイレへのイメージが臭い汚いといったマイナスイメージのものから、清潔できれいといったプラスのイメージへ変わりました。現代ではきれいなトイレが集客に繋がる要因のひとつになっています。その証拠に大手百貨店など、トイレリフォームをしイメージアップを図ったところが少なくありません。

■まとめ
水洗トイレが普及するまではトイレの存在はタブーに近いものがありました。臭い、汚いというイメージを払拭することができず、公衆のトイレにおいては清潔さや衛生状態を保つことは至難の業でした。それを上下水道の普及により、水洗という方法で解決してくれました。トイレはタブーに近い存在から人を惹きつける場所にまでかわりました。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ